長岡ジュニアユースフットボールクラブ's profile

2001年、元長岡向陵高校サッカー部丸山監督、帝京長岡高校サッカー部谷口監督が発起人となり、長岡のレベルアップのために中学生年代のクラブチームを立ち上げたいとの思いから発足したチーム。監督には、谷口監督と帝京高校時代の同期であり、埼玉のルミノッソホンダFCでプレーしていた西田勝彦氏を迎えてスタートした。初年度は1年生だけで試合に臨んでいたが、試合を重ねていくうちにメキメキと実力をつけ、1期生は高円宮杯県大会決勝まで進む力をつけた。
現在でも、安定して大会の上位に顔をだし、地域トレセン、県トレセン選手を輩出するようなチームに成長してきている。
2002年には、U-12、U-6のカテゴリーを立ち上げ幼・小・中学生年代の一貫指導の下、『サッカーを楽しむこと』を基本にしながら、将来は世界で通用する選手の育成を目指している。
そして2004年9月、新潟県内のサッカーチームでは初となるNPO法人格を取得し、『NPO法人 長岡JYFC』として、この地域にサッカーの更なる普及と選手・指導者の育成、その環境整備を目的として活動している。

 

 


Copyright (c) Nagaoka JYFC All Rights Reserved.
inserted by FC2 system